遺品整理会社セントワークスの日常

遺品整理の仕事内容や日々の思うこと

*

ダブルパンチ。

   

先日、枚方市内の戸建て一件の現場で遺品整理とゴミ屋敷のダブルパンチの作業を、行いました。

久々の気合いの入る現場でかなりテンションが上がって作業してましたが、先輩から1つ指摘を受けました。それは、スペースを作れていない。という事でした。

片付いているように見えて実は片付いていないという事。現場である程度、分別梱包をしていくのですが、その梱包した物が整理されておらず動線も確保できていなかった事に言われて気付きました。

いつもは、意識して作業効率を考えている事が出来てない自分が情けなかったです。

常に、冷静に頭を働かされるよう考えていこうと思う遺品整理の現場でした。

 

越智

 - 遺品整理