遺品整理会社セントワークスの日常

遺品整理の仕事内容や日々の思うこと

*

恐怖の冷蔵庫

   

大阪府豊中市で孤立死されていたお部屋の遺品整理を行いました。
孤立死されている現場では、よくあるのですが電気は止められてしまってます。もちろん、冷蔵庫の中は腐っています。

私は他の作業にも追われているので、アルバイトに少し大きめの冷蔵庫の中を出すよう指示しました。アルバイトが冷蔵庫を、開けると一気に部屋中に悪臭が立ち込めてきました。冷蔵庫の中には小バエが大量に発生しています。
私は普通に10分以内に片付けるよう指示し、他の部屋で作業を行うことにしました。ところが20分経っても冷蔵庫の中身の片付けは終わっていませんでした。
普段からゴミ部屋や、ゴミ屋敷の片付けをしている私達は悪臭やゴキブリなどには慣れていますが、彼には辛い経験だったのだろう。

越智

 - 作業事例, 大阪, 遺品整理, 遺品整理に思うこと