葬儀の後、なるべく早めに必要な届け・手続き

葬儀前後からなるべく早めにお手続きをしたほうがよい届け出・お手続に、次の事項があります。

◆ 雇用保険受給資格者証の返還
期限 死亡から1カ月以内
手続先 受給していたハローワーク
必要なもの 受給資格者証、死亡診断書(死体検案書)、住民票など
備考 故人が死亡時に雇用保険を受給していた場合に必要となります。

◆ 相続の放棄 期限 死亡から3カ月以内
手続先 被相続人(相続される財産を遺して亡くなった方)の住所地の家庭裁判所
必要なもの 相続放棄申述書
備考 相続人が相続財産(遺産)を放棄する場合に必要となります。

◆ 所得税準確定申告・納税
期限 死亡から4カ月以内 手続先 亡くなった方の住所地の税務署、または勤務先
必要なもの 亡くなった年の1月1日から死亡日までの所得の申告書、生命保険料の領収書、医療控除証明書類など
備考 故人が自営業または、年収2千万円以上の給与所得者の場合に申告・納税が必要となります。

◆ 相続税の申告・納税 期限 死亡日の翌日から10カ月以内
手続先: 被相続人(故人)の住所地の税務署
必要なもの: 申告書、被相続人(=故人)の戸籍謄本、除籍謄本・住民票・住民除票、 相続人全員の戸籍謄本、印鑑証明書など。
備考: 相続する財産が基礎控除額以下の場合は、納税も申告もする必要はありません。

◆ 生命保険金の請求
故人が生命保険に加入していた場合、請求によって死亡保険金が支払われます。
期限: 死亡から2年以内 手続先 契約していた保険会社にご連絡下さい。
必要なもの 死亡保険金請求書、保険証券、最後の保険料領収書、保険金受取人と被保険者(故人)の戸籍謄本、死亡診断書、受取人の印鑑証明書
備考 死亡保険金の受取人が被保険者(故人)の場合は、相続財産の対象になるため、相続確定後に請求します。

補助金や給付金、高額医療費払い戻しなどを受ける手続き

遺族年金などを受け取るための手続き

名義変更や解約などが必要な手続き

遺品整理、ゴミ部屋・ゴミ屋敷に関するご相談は0120-668-203まで