遺品整理と遺品処理の違い

遺品整理の仕事は残念なことに、まだまだ世間に認知されおりません。したがってどれぐらいの費用が掛かるのか知られていないのが現状です。
しかも業者によって価格設定が全く異なるので、どのような基準で業者を選んでいいのかも難しいかと思われます。
今や遺品整理業・遺品処理業には、リサイクルショップ・便利屋・新聞回収者なども参入してきています。
その中には、遺品を完全に『ごみ』と考えて平積みトラックにタンスを破壊して積み込んだり、ダンボールを一切使わず、全ての遺品をそのままトラックにぶち上げる業者も多数存在します。
または、ゴミ収集に使う『パッカー車』を現場に横付けし作業も行います。部屋から運び出された家財道具が『パッカー車』の中にバキバキと吸い込まれていきます。
遺品整理・遺品処理を頼まれる御親族も様々です。親族の死に悲しみ営む方、または疎遠で数十年間音信普通のなか突然、警察や大家さんからの連絡で訃報を聞かされるかた。

後者のほとんどの方は「何故、私が金を!」と思われるようです。

そういった御親族は『遺品』の思い入れが無いのですから、とにかく安くと思われます。 「安かろう」を望まれるお客様でしたら、こうした業者に頼まれたら良いでしょう。 
この場合は『遺品処理』となります。

しかしながら当社のスタンスは『絶対配慮』ですので、タンスの中はもちろんのこと、あらゆる引き出し小物類にいたるまで確認をし梱包をさせていただいております。

処分品を適切に処理するには、やはりそれなりの費用がかかります。ですので引越に比べ料金が割高になるのも当然なことなのです。
当社の価格設定は容積で算出しております。5立方メートルで35,000円の価格となります(外部工事費・特殊現場を除く)詳しくは遺品整理の料金表をご覧ください。

10立方メートル

このトラックは2t車で10立方メートルを積み込むことが可能です。したがって単純計算でビッシリと積み込むと約12万円となります。(また容積が大きくなるほど値引きさせていただいております。)
当社ではお見積りの際即決のご依頼を求めておりません。

ご家族や親族と相談していただいてからのご依頼で結構ですので、お気軽にご連絡をください。

 

遺品整理、ゴミ部屋・ゴミ屋敷に関するご相談は0120-668-203まで