リサイクルについて

遺品整理で撤去・回収した物品は当社倉庫に持ち帰り、すべて荷下ろししています。

荷下ろし後、当社スタッフの手で分別仕分け作業を行なっております。
ダンボールに梱包し搬出した物も、一つずつ開梱していきます。
ご依頼者や近隣の皆様に配慮し、迅速に梱包・搬出していたダンボールの中は様々な不用品が混ざっているので梱包のときよりも仕分け作業は時間が掛かります。

リサイクル

例えば台所の梱包では、グラスなどのガラス製品・お皿などの陶器類・おぼん、重箱などの木材製品・タッパ、ペットボトルなどのプラスチック類・鍋やフライパンなどの金属類、布きんやタオルなどの布類、そして何処の部屋にでも必ずある紙類などを一つずつ手作業で仕分けをしていきます。

ここでは不用品回収後の仕分け画像を紹介させていただきます。

紙の仕分け作業紙類の仕分けダンボール仕分け作業ダンボールの仕分け

新聞紙・ノート・本などを専用の袋に入れて仕分けしていきます。 バインダーから紙だけを抜き取ることはもちろん、フイルムや布が付いている百科事典などからも一つずつ紙だけに分別していきます。 再利用する場合、製紙工場で障害にならないように分別の徹底が大切となります。 特に写真や油などが混ざっていると資源リサイクルにならずに、ただのゴミとなってしまいます。 分別後は、紙のリサイクル処理工場で選別・圧縮梱包され製紙原料となり再生紙として生まれ変わります。

衣類の仕分け衣類の仕分け
不要な衣類品。

衣類やタオルなどを専用の袋に入れて仕分けしています。 衣装ケースから衣類を仕分けし、ハンガーの付いたスーツ・スカートからは一つずつ手作業で外していきます。リサイクル可能な物だけ袋に入れていきます。  

分別後は資源回収業から仕切り問屋に渡り、消毒・切断・選別されます。まだ使えるものは輸出され中古衣料となり、そうでない物はウエスとなり再利用されていきます。

木製品の破砕後重機による積み込み

タンスや食卓テーブルなどは専用のブースに置き、重機で破砕作業が繰り返し行ないます。木屑ぐらいまで破砕したのち中間処理業の特殊車両に積み込みます。こののち、最終処分場にて適切に焼却処分されていきます。

プラスチックの仕分け

汚れがひどいものは一つずつ手洗いするために専用のブースにかためて置きます。 洗浄後、プラスチック専門のリサイクル工場に『廃プラ』として持ち込みます。 工場では破砕・切断が繰り返され『ペレット』に加工されます。用途によって分けられた『ペレット』は原料として出荷され、再び製品としてリサイクルされています。

破砕したブロック

残土の分別エリアは、ブロック・ガラス類・陶器類・土などを仕分けし運び込みます。その後、重機による破砕作業を繰り返し行ないます。砂利状になったブロックは中間処理業の大型ダンプに積み込まれ、適切に処理されていきます。

金属と分類される物にはいくつも種類があります。すべてを分別するのは困難ですので、当社倉庫内では数種類にだけ仕分けをしております。

アルミ缶

アルミニウムは、軽くて丈夫で展性が高く加工が楽なため、様々な製品に使われています。上記左の画像はアルミサッシです。手作業で一つずつ網を取り除いています。当社では、非鉄金属専門の業者に適切に運び入れております。専門処理工場で熱処理され、再びアルミ製品に加工されます。

ステンレス

ステンレス(stain・錆び)(less・少ない)は名前の通り錆びに強く、放置していても 劣化が少ないため、リサイクルに最適な合金です。 台所で使われている物では、シンク・調理器具・スプーンなどが一般的な製品です。 当社では、専門業者に持ち込み適切に対応しております。そこでは、様々な種類のステンレスを品目ごとに分別し、熱炉にかけて原料となり各メーカーにおいて再利用されます。

スクラップ鉄屑

金属含有物(ガスレンジ・炊飯器・トースター)などは、専用のブースに一つずつ 手で運びこみます。当社では専門業者に来ていただき大型ダンプに積み込みます。 専門のリサイクル工場で加工処理された後、原料として鉄鋼メーカーで再利用されます。

真鍮(黄銅)

真鍮(しんちゅう)とは銅と亜鉛の合金で黄銅(おうどう)とも呼ばれています。 一般的な物では5円玉がそうです。他には、水道の蛇口・仏具の装飾品などに使われています。当社では、非鉄金属専門の業者に適切に運び入れております。 専門処理工場で熱処理、加工され原料として再利用されます。

配線

電化製品に付いている電気コードを、一つずつ手作業で切断し専用のカゴに仕分けします。電気コードの中は銅でできているので、専用工場で熱処理されフエルトを取り除かれます。後、原料としてメーカーで再利用されます。

不要な消火器の処理

『粉末消火器』は人体に無害ですが、放出すると危険なので一つずつ手作業で 中の薬剤を取り出しています。後、スクラップとして処理し専門工場で鉄の原料として 再利用されます。 

 

 


遺品整理、ゴミ部屋・ゴミ屋敷に関するご相談は0120-668-203まで